歯周病治療が終わった記録 | 正しい歯のケアと悪い歯のケア

歯周病になってはじめてわかった事

歯周病治療の流れ

治療1

歯周病の原因や改善点を説明。
今まで使っていた歯ブラシ・歯磨き粉を持って行き、歯科衛生士さんが推奨する歯ブラシや歯磨き粉を教えてもらいました。
歯磨きがしっかりできているかチェックし、磨きづらい箇所を意識して磨く事ができるよう指導してもらいました。

治療2

歯石を取りました。

治療3

歯周ポケットの深さを測る
測った時少しだけチクチクっとしました。
痛いって程ではなかったです。
この時に最初に指導して頂いた歯磨きができているかチェックしました。
優しく磨いたつもりだったのですが強く磨きすぎだと言われ驚いたのを覚えています。
この日を境に電動歯ブラシでさらに軽くあてる事を意識して歯磨きをするようになりました。
私は磨く強さ以外このままの調子でいいと判断されました。

治療4

3週間位あけて歯周ポケットの深さを再度測りました。
測る際出血した箇所を赤丸つけていたようで前回と見比べました。
歯茎をブラッシングしなくても歯茎は健康的になり出血箇所も減っていました。

この時にはっきりと身をもって体験しわかりました。
歯茎のブラッシングは意味ない
歯茎を傷めるだけ

治療5

私は一か所だけ歯肉が下がっている箇所がありました。
その箇所の歯石を除去。
歯肉が下がってしまうと神経にも近くなり痛みを伴う可能性がある為麻酔をして除去しました。

以上が私が体験した歯周病治療です。

歯周病治療をしてみてわかった事

自分自身の歯の手入れだけでは完璧に歯石をつかないようにする事は難しいって事、
半年に一回は歯石を除去してもらい歯科衛生士さんにチェックしてもらう。
可能であれば3カ月に一回歯の状態を自らすすんで予約を取り診てもらう事がいいかと思われます。
歯の定期検診は本当に重要ですね。

歯周病なんかなってみないと本当にわかりませんよね
わたしなんて歯周病ってなんの病気なのかすらわかりませんでした。
しかし、知らなかったでは済まないんですよ自分の歯ですからね
一度下がった歯肉は戻らない
人工的に治療するしかない
そうなる前にしっかり予防できていれば元気な歯や歯肉を維持できますよね。

ちゃんとメンテナンスができていれば知覚過敏なんてまずないです。
冬の朝冷たい水を口に入れていきなりゆすいでも全く問題ないです。

重要なのは正しい歯のケア

歯磨きだけをしっかりやっててもダメなんです。
一生懸命時間をかけて歯を磨くのが正解だと普通は思いますよね?
結論から言うとダメなんですよ。
歯科衛生士に、
「磨きすぎですよ」
「歯茎が傷だらけ」って言われた時意味がわかりませんでした。
何?磨きすぎってって思いました。

虫歯になったから痛くなったと思いこんでいました。
虫歯にならなくても歯周病というタチの悪い症状がある事を知っておく必要性が本当ありますね。

間違えた歯のケア

虫歯の治療も終わりもう虫歯ができない様、朝と寝る前に歯みがきを念入りにしていました。
この当時は歯の磨き方を全く知らず自己流でゴシゴシ磨いていました。
ドラッグストアで適当な歯みがき粉、かための歯ブラシ又は気分で電動歯ブラシを使ったり使わなかったり
歯茎もゴシゴシ歯ブラシでやらないと弱くなって血が出るようになると思ってました。
ゴシゴシ磨いた方が綺麗になると思っていたんですね。
本当、恐ろしい事ですよ。
しかも、歯医者にも定期的に行って診てもらう事すらやりませんでした。

上記の思い込みでやっていた歯磨き方法は間違った歯のケアでした。

正しい歯のケア

歯周病治療で担当してもらった歯科衛生士さんに歯みがきの仕方、歯のケアをしっかり教えて頂きました。

7
改善ポイント

■まずはデンタルフロスをやる様にすすめられました。
糸のようなモノで歯と歯の間の汚れをとる優れ物
初めてフロスをやる方は糸をどれだけ出してどう使うのかわからないと思います。

私はこの動画を見てフロスのやり方をマスターし、
今では鏡を見ないでスイスイ出来る様になりました。
デンタルフロスは歯垢(プラーク)をとり、歯石の予防にもなるのでやってない方はこの動画みてマスターして下さい。
この歯石が歯周病の根源なんですよ。

■歯間ブラシ
フロスができれば歯間ブラシはあまり重要ではないと思います。
デンタルフロスは歯の隙間があまりない所でもメンテナンスできますが、
歯間ブラシは歯の隙間があったりブリッジ等歯ブラシでは届かない箇所に使用しますね。

■歯磨きをやさしく、歯茎にあたらない様に
電動歯ブラシの振動で汚れを落とすので強く磨く必要がないんです。
自分の歯の生えている向きを理解して効果が最大に出るようにブラシをあてるようにします。
一生懸命磨いていた自分にとって優しく磨くって違和感ありましたが、優しく磨いていても虫歯0です。

オススメの歯のメンテナンスアイテム

歯のメンテナンスをするのに絶対持っていたいアイテムは
1.電動歯ブラシ
2.フッ素歯みがき粉
3.フッ素ジェル
4.デンタルフロス
5.三列の細めの歯ブラシ

電動歯ブラシ

電動歯ブラシはスペックの高いモノ
フィリップスのソニッケアー[ダイヤモンドクリーン]

1
ライオンのCheck-Up standard

これはドラッグストアでは売っていないみたいです。
確かに私の地元のドラッグストアでは見かけた事ないです。
2-5
ライオンのCHECK-UP STANDARD

ConCoolジェルコートF

こちらはドラッグストアであるかもしれませんが、あまり見かけませんね
私はまだ見つけた事はないです。
3

ConCoolは歯みがきとして使うというよりは、仕上げで使う感じです。
Check-Upで磨き=>デンタルフロスで歯間を磨き=>ConCoolを歯に塗る(フッ素コートする)って感じです。

4

5
ConCoolジェルコートF

デンタルフロス

デンタルフロスは匂いや味的なモノが色々でていますのでドラッグストア等で気に入ったモノを選ぶといいかと思います。
私の使っているのは無臭で味的なモノも特にないモノを好んで使用しております。
GUMのデンタルフロス

歯間ブラシ

歯間ブラシは、それぞれあうサイズがありますので適切なサイズのモノ
私は、歯科衛生士に勧められたものを使っています。
クロスフィールド テペ 歯間ブラシ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です