無線LAN(Wi-Fi)ルーターの中継機能で電波が届かなかった場所も電波改善へ

無線LAN(Wi-Fi)ルーターで電波が弱かったり、届かない距離の場合、無線ランルーター(wi fi)を複数用意してルーター間の電波を中継させて電波問題を解消できます。

今回は、バッファロー(buffalo)社の無線LAN(Wi-Fi)ルーター(WHR-HP-G300N)を使用して無線ランルーター間の電波を中継します。

接続環境

NTT東日本のFLET’S光
モデム:PR-400MI

NTT東日本FLET'S光モデム

NTT東日本FLET’S光モデム

無線LAN(Wi-Fi)ルーター 2機
型名:WHR-HP-G300N (親機・子機、2機共同じ機種を使用)

WHR-HP-G300N

WHR-HP-G300N

WHR-HP-G300N_box

初めて無線LANの中継を考えている方へ

当方の住居環境が同じ敷地内に母屋と新居があり、新居にインターネット回線をひいていましたが、母屋にもインターネット回線を接続できるようにする為に無線LAN(Wi-Fi)ルーターを設置しましたが、1台ではとても新居と母屋をカバーしきれませんでした。

その時無線LAN(Wi-Fi)の事は知っていたのですが、無線LAN(Wi-Fi)の電波を中継して無線範囲を拡大できる事は知らず屋外用LANケーブルと窓の隙間用のLANケーブルで対処しようと考えた事もありましたが、色々と無線LANの電波改善策を調べていると無線LANの中継機能がある事を知りました。初めてだったので本当に今届かない場所にも届くようになるのか?
50/50な感じで試そうかやめようか考えました。

屋外LANケーブルでつなげば初心者でもわかる様に完璧につなげます。
見たまんまつなげばOKですから

無線LANの電波のやりとりなんてよくわからないし、もし中継接続できなかったらと考えるとやはり安全に屋外LANケーブルでつなぐのが安全かなと思ったのも覚えています。

しかし、今やノートパソコンやタブレット、スマートフォンやゲーム機はもちろん、ディスクトップパソコンや家電にも無線LAN内蔵が当たり前になってきた様に思います。

LANケーブルでの接続は・・・
と思い無線LAN(Wi-Fi)の中継を初心者ながら試す事にしたところ、少々苦戦はしましたが試した結果大正解!全く届かなかった場所まで電波MAX受信で驚きました。単純に無線LAN(Wi-Fi)の範囲が倍位になったとお考え下さい。

コスト面でも屋外LANケーブルで設置するより安く済み、使い勝手がよく満足する結果を得られました。
無線LAN(Wi-Fi)の弱電波や届かない場所はルーターの中継機能を使い改善しましょう。

※注意!!無線LAN(Wi-Fi)ルーターには中継できる機種が限定されています。

=>次のページで無線LAN(Wi-Fi)の電波を中継できる機種を確認してみたいと思います。

また、当方の接続環境と多少違っていても概念は同じなので参考にして頂ければと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です