無線LAN(Wi-Fi)ルーターで中継できる機種の確認

バッファロー(buffalo)社のルーターで確認します

色々接続出来る機種の組み合わせがありますが、何かルーターの機種に対してこだわり等なければ基本的には同じ機種にて中継してみて下さい。

既に複数台ルーターをお持ちの場合は、中継できるか確認してみて下さい。
また、直接その製品のメーカーに問い合わせ確認してみて下さい。

下記にて中継接続できる機種グループを記載しております。

最終確認日:
タイプ1

中継可能な台数は1台

  • WHR-300HP2
  • WHR-600D
  • WZR-600DHP2※1
  • WZR-600DHP3
  • WZR-900DHP※1
  • WZR-900DHP2
  • WZR-1166DHP
  • WZR-1166DHP2
  • WZR-1750DHP
  • WZR-1750DHP2
  • WLAE-AG300N(EC子機モードの場合)※2

※1ルーターをVer.1.10にアップデートする必要がありますが、Ver.1.10に更新できますので問題なく中継できます。

※2WLAE-AG300Nは、同機種同士では中継できないです。
ご注意ください。

★タイプ1は、『タイプ2』と『タイプ3』の製品と接続可能 ○

 

タイプ2

中継可能な台数は2台

  • WZR-300HP
  • WZR-HP-G302HA
  • WZR-HP-G302H
  • WZR-HP-G301NH
  • WHR-300
  • WHR-300HP
  • WHR-HP-G300NA
  • WHR-HP-G300N(Ver.1.81以降)※1
  • WHR-G301NA
  • WHR-G301N
  • WHR-HP-GN
  • WLAE-AG300N(子機モードの場合)※2

※1Ver.1.81以降はルーターのバージョンの事で、こちらは最新バージョンに無料で更新できますので問題なく中継できます。

※2WLAE-AG300Nは、同機種同士では中継できないです。
ご注意ください。

★タイプ2は、『タイプ1』の製品と接続可能 ○

 

タイプ3

中継可能な台数は6台

  • WHR-AM54G54
  • WHR-AMG54
  • WHR-AMPG
  • WHR-G
  • WHR-G54S
  • WHR-HP-G
  • WHR-HP-G54

★タイプ3は、『タイプ1』の製品と接続可能 ○

上記参考サイトURL:http://faq.buffalo.jp/app/answers/detail/a_id/700

 

注意:『タイプ2』と『タイプ3』の製品は接続不可 ×

オススメ:タイプ2の製品だと中継できる台数が2台まで接続できるので一般家庭では十分無線LAN環境を全体に網羅できる様になるかと思います。
どの機種かお悩みの場合は、『タイプ2』内の機種をオススメしたいと思います。

無線LAN(Wi-Fi)ルーターの中継機能が使用できる機種がわかりましたら、ご用意した各ルーターを設定しないと無線LAN(Wi-Fi)の通信距離を拡大してくれる中継機能は動作してくれません。
中継機能を使用する際、親機と中継する子機それぞれの設定が必要となります。
こちらの設定は一度設定すれば、停電等で電源がおちても再度電源が入れば設定した中継をします。
最初の設定が面倒ですが、無線LAN(Wi-Fi)の通信距離を拡大したい方は、是非無線LAN中継機能をご活用してみて下さい。

今回、当方は『WHR-HP-G300N』という機種を使用していますが同じメーカーの無線LAN(Wi-Fi)ルーターであれば違いはあまりないかと思いますので、機種が違っても試してみて頂ければと思います。

=>次のページで、モデムとルーターをLANケーブルで接続します。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です